TOP頭皮ケアの基礎知識あなたが知らない頭皮ケア情報>この睡眠時間体が美髪をつくる

夜の10時から、翌日の午前2時まで、この4時間が最も育毛、発毛に大事な睡眠時間帯であり、
熟睡していることが望ましいとされています。

とは言え、昔と違って今や世の中は24時間で動いています。ファミレス、コンビニはむろんのこと、
24時間稼働の工場はいくらでもあります。

当然、そうした職場で働く人たちはシフト勤務であり、夜勤の日は夜中にずっと働いています。
思うように夜の10時から寝るなんて出来ないかも知れません。

しかし、別に夜勤していなくても毎晩夜更かしして、深夜まで遊んだり飲んだり食べたりいている
人も多いのではないでしょうか。

もしかして、あなたもそうではありませんか?

なぜ、夜の10時から翌午前2時までが大事かと言えば、その時間帯は副交感神経が優位になる
時間帯で、その間に老廃物が出ていき栄養が入ってくることが知られているからです。

同時に成長ホルモンの分泌が盛んになり、細胞分裂も盛んになります。
頭皮や毛髪を生みだす毛母細胞も同様なのです。

それゆえ夜の10時から翌午前2時までは熟睡するのが望ましいのです。
これは頭皮や毛髪だけではありません。お肌の手入れにも同様のことが言えます。

仮に8時間の睡眠時間を取ったとしても、夜の10時から翌朝6時までと、夜中の2時に寝て翌朝の
10時まで寝ているのでは、お肌や毛髪にとっては大違いなのです。

また、メラトニンとセロトニンいう2種類のホルモンも、日が昇る、日が沈むのに合わせて分泌され
るように仕組みが出来ています。

このように、もともと人間と言う生き物は、日が昇ると活動する準備を始め、日が暮れると休む準備を
始めます。

そう言うふうに体が作られており、DNAに初めからインプットされているのです。

とは言え、先ほども書きましたが、現代社会は24時間動いています。女性でも深夜勤務の仕事を
している人は大勢います。

私が以前勤務していた電子部品の工場も360日、24時間稼働の工場でした。現場は24時間
止まることがありません。

正規社員、派遣社員を問わず、多くの女性もまた働いていました。そのほとんどはシフト勤務であり、
昼間の時間帯と夜勤が交互に繰り返されます。

このシフト勤務は体調維持が難しく、お肌や毛髪だけでなく体全体の健康を損なう人もいます。

こうした仕事の都合でどうしても夜の10時に寝るなんてムリな人はともかく、ある程度自由がきく
あなたなら、ぜひとも11時か遅くとも12時までには寝て欲しいですね。

その習慣はきっとあなたを健康にしてくれます。

ちなみに、私は夜は11時に寝て、朝は5時か6時に起きるのが習慣です。

TOP頭皮ケアの基礎知識あなたが知らない頭皮ケア情報>この睡眠時間体が美髪をつく

頭皮のかゆみ・臭い原因と対策 TOP