プラセボ効果と言うのを あなたはご存知ですか?プラセボ(placebo)は「偽薬」と訳されます。

これ、ちょっと面白いネタなのでぜひあなたも 知っておいて下さい。あなたが育毛剤を使うとき、
きっとお役に立つ情報です。

ある新薬が開発されたとき、実際にその薬が効くかどうかを試験します。同時に、悪い副作用が
ないかも試験します。これを「治験」と呼びます。

治験は実際に患者さんに飲ませて行うのですが、このとき本物の新薬と偽の薬の2つを用意します。
偽の薬に使われるのは生理食塩水、澱粉などの全く効果も副作用 もないものが使われます。

そして、治験対象の患者には、偽の薬も本物の薬だと信じ込ませて飲ませます。
そのため、患者に薬を処方する医師にも偽の薬を本物の薬として渡します。

つまり、医師も本物の薬だと信じて患者に偽薬を渡すのです。
薬を渡すとき、新薬の効果や予想される副作用を事前に十分説明しておきます。

こうして、新薬だと信じて、本物の薬を飲んだ患者と、偽の薬を飲んだ患者の2通りのデータで
治験が行われます。

さて、治験期間が終了して薬の効果、副作用を確認するとどうなるでしょう。

本物の新薬を飲んだ患者に薬の効果や副作用が確認されるのは当然ですが、生理食塩水を
飲まされた患者にも効果や副作用が見られます。これをブラセボ効果と言います。

普通に考えると生理食塩水で薬と同じような効果や副作用が出ることはあり得ません。

しかし、信頼する医師から事前に薬の効果、副作用を聞かされて偽薬を飲んだ患者は、実際に
効果、副作用を発症するのです。

当然、新薬としての効果、副作用は偽薬を飲んだ患者のデータとの比較になります。

多少の効果が出ても、偽薬を飲んだ患者以上の効果がなければ、本当の効果としは認められ
ません。

このプラセボ効果が物語るものは、いかに人間は精神状態で肉体のコンディションが左右
されるか、と言うことです。

多くの治験から、偽薬で痛みが緩和したり、逆に副作用で血液検査に異常が出ることさえある
ことが分かっています。

現在、男性型脱毛症に効果があるとして使われているフィナステリド(プロペシア)の治験のとき
にも、プラセボ効果を確かめるため、偽薬を使った治験が行われています。
(「専門医が語る 毛髪科学最前線」集英社による)

そこで、とても興味深い記事を見つけました。

私が使っている花しゃんシャンプーのオマケでついてきたマイケアの小冊子に、こんなことが
書かれてありました。

以下、マイケアの小冊子「HAIR CARE」から。

育毛剤を使うときは、「必ず生える、毛根はよみがえる」そう信じて使い続けることが大切です。
薄毛や抜け毛と精神状態は深いかかわりを持っています。半年後の自分をイメージして、
気持ちを高めながら継続してご使用下さい。

このように書かれています。まさにこれはプラセボ効果もプラスして、より大きな効果を生み出そう
とする意図が見えます。

まぁ、このプラセボ効果、うがった見方をすれば本来効き目のないものまで効果を出してしまう、
そうとも言えます。

あなたも育毛剤を使うときは、信じて、念じて使い続けて下さい。きっと効果が出てきます。

頭皮のかゆみ・臭い原因と対策 TOP