アミノ酸系シャンプーは頭皮にやさしいって言うけど、それってナニ?

あなたはそんな疑問を持っていませんか?

確かに色んな本にも、ネット上の記事にも、

アミノ酸系シャンプーは頭皮にやさしい

と出てきます。

では、アミノ酸系シャンプーとはいったい何者なのでしょうか。なぜ髪にやさしいのでしょうか。

『美髪シャンプーの嘘』(幻冬舎)と言う本の中に説明がありました。

それによると、アミノ酸系シャンプーとは、髪の洗浄成分にアミノ酸を使ったシャンプーで、アミノ酸がもともと天然素材であるため人体にやさしいのだそうです。

このアミノ酸から作られた洗浄成分、合成界面活性剤は髪や頭皮への刺激が低いのが特徴です。どんな髪質、頭皮コンディションでも安心して使うことが出来るのです。

界面活性剤と言うのは、分かりやすく言えば水と油みたいに、本来混じり合うことがない2つの異質なものを混ざりあるようにする成分です。

この働きによって頭皮の皮脂汚れなどを分解して落とすことが出来るのです。ですから石けんや洗剤にも当然界面活性剤が入っています。

ただ、数ある界面活性剤の中には人体に悪い影響を与えるものもあります。

皮膚にかぶれ、湿疹、アトピーを起こすもの、洗っても成分が残る残留性のあるもの、体内に入ると発がん物質になったり肝機能障害の原因になったりする可能性も指摘されているようです。

その点、アミノ酸から作られた合成界面活性剤は肌や頭皮と同じ弱酸性で保湿性が高く、洗っても頭皮が突っ張りません。

ただ、値段が高いのと洗浄力が弱いのが欠点とされています。また、洗い上がりがペチャコになる傾向もあるそうです。

でも、今上げた長所、短所もそう簡単には言い切れません。

何しろアミノ酸系シャンプーといっても、その成分は何十と含まれており、何を、どのくらい配合するかで大きく性質が変わって来ます。

アミノ酸系だから安心、でも洗浄力が弱くて髪ペチャンコ、とは限らないのです。当然、シャンプーメーカーとしては長所を伸ばし、欠点を補う製品開発に明け暮れている訳です。

では、今あなたが使っているシャンプーはどうでしょう?アミノ酸系のシャンプーでしょうか。

同書によると、次のような成分が、上位に表記されていればアミノ酸系シャンプーと思って間違いないそうです。

●ココイルグリシンナトリウム

●ココイルグリシンカリウム

●ココイルグルタミン酸ナトリウム

●ココイルグルタミン酸カリウム

●ココイルグルタミン酸TEA(トリエタノールアミン)

●ココイルアラニンナトリウム

頭に全部「ココイル」とついているので、ココイルシャンプーとも呼ばれています。

ちなみに、「ココイル」とは何なのか調べてみたことろ、「ココヤシ」の実から抽出された成分なのでその名前がついているようです。(断定出来ません。私の推定です。)

私と妻の使っている花しゃんシャンプー、娘の使っているエフキュアシャンプーを調べてみると、ココイルグルタミン酸TEAが成分上位に表記されていました。

と言うことはどちらもアミノ酸系シャンプーと言えます。

特に花しゃんシャンプーは公式サイトで、

洗浄成分100%アミノ酸系

と明記してあります。

先ほど、アミノ酸系シャンプーは洗浄力が弱くて髪がペチャンコになる傾向があると書きましたが、花しゃんシャンプーもエフキュアシャンプーも洗い上がりは髪ふわふわでボリュームアップです。

花しゃんは活性ポリ乳酸を配合し、エフキュアはフコイダンを配合することでふわふわ髪にハリとコシを実現しています。こうしてアミノ酸系の欠点を補っているのですね。

ただ、泡立ち量と言う点では、どちらもそんなに多くはないかも知れません。まぁ、どんなシャンプーでも100%完全無とはいかないと思います。

そして、どんなにやさしアミノ酸系シャンプーといっても、自分の肌に合わない人もいるでしょう。

同書にも書いてありましたが、どのシャンプーが合うか、最後は実際に使って試すしかないようです。

でも、アミノ酸系シャンプーが髪や頭皮にやさしいのは間違いないので、刺激の少ないシャンプーが欲しい人はアミノ酸系から選ぶといいですね。

■かゆみ、臭いが改善されて、しかも髪がフワフワ、まるで増えたみたい!

■抜け毛・薄毛も気になる私が見つけたウーマシャンプー
私が使って感激した体験記もあります!

頭皮のかゆみ・臭い原因と対策 TOP