シャンプーの成分(その1)に続いて(その2)です。

成分名 主な働き 特徴・用途など
ココイルグルタミン酸TEA 洗浄成分 アミノ酸系シャンプーの洗浄成分です。天然ヤシの脂肪酸と天然アミノ酸から作ります。泡立ちがよく、すぐれた洗浄力を持ちながら髪や頭皮にもやさしい成分です。シャンプーの他にもコンディショナー、クリーム、乳液などにも使われています。
コカミドDEA 洗浄成分 洗浄力を向上させたり、泡立ちを良くするために使われる成分です。ただし使い過ぎると髪の質感が悪くなるそうです。シャンプーの他に、クレンジング、洗顔剤、ボディシャンプーなどにも使われています。
BG 保湿効果 BG、この表記はいろんなシャンプーで登場します。その正体は、ブチレングリコールで、石油由来の化学物質です。保湿効果があり肌にもやさしいのでシャンプーの他にも化粧水や整髪料などにも多く使われています。
ジグリセリン 保湿効果 グリセリンから作られる、無色透明、粘性のある液体です。保湿効果があると同時に安全性にも優れ、シャンプーの他にも化粧水、化粧品にも使われています。
グリセリン 保湿効果 保湿効果が高く、シャンプーの他にも化粧水などスキンケア、ヘアケアに多く使われています。肌に対してもやさしく安全で、ヒアルロン酸と組み合わせると更に効果があるそうです。
カルボキシメチルキチン 保湿効果 カニの甲羅から取れるキチンを材料として作られます。保湿効果が高いのと同時に肌や髪に対して保護効果もあります。シャンプーの他にもヘアケア全般、スキンケアにも使われています。
アスコルビン酸 頭皮保護 私が調べた範囲では、アスコルピン酸とはビタミンCのことだと書いてありました。何だかよく分からないのですが、乾燥肌や敏感肌のケアにいいそうです。
アラントイン 頭皮保護 肌荒れを防ぐ効果があり、同時に肌にハリやツヤを生みだす効果もあります。
クエン酸 中和効果 クエン酸とは果物の多く含まれるさわやかな酸味成分です。アルカリ性になった髪を中和する効果があります。それゆえ石けんシャンプーのリンスにも使われます。
ジメチコン 油分効果 撥水性が高く、ベタツキのないシリコンオイル成分です。髪をサラサラにしたりしっとり感を出します。シャンプーの他にもファンデーションや乳液などにも使われます。
ジステアリン酸グリコール 粘着効果 シャンプーに粘度を与えたり、パール光沢や乳濁感を出すのに使われます。そんなシャンプー、たくさんありますよね。シャンプー以外にもトリートメントによく使われます。
グリチルン酸2K 抗炎症効果 抗炎症効果があるため、シャンプーの他にもコンディショナー、育毛剤、化粧水、石けんなどにも使われます。


以上、2回に分けてシャンプーの成分について説明してきました。しかし、シャンプーに使われ
ている成分はまだまだあります。

ここでは比較的多くのシャンプーに共通で使用されている成分を説明しましたが、そのシャンプー
固有の成分も多くあります。

まぁ、多くのシャンプー共通の材料だけを使っていたのでは差別化出来ないため、固有の成分を
見つけ出すのは当然の開発戦略です。

本当はシャンプーに使われている成分が髪や頭皮に対してどの程度ダメージを与えるリスクが
あるのか、それを調べたかったのですが調査不足でした。

取りあえず、どの成分がどんな働きをしているのかをご覧頂けたらと思います。

シャンプーの成分(その1)へ戻る

頭皮のかゆみ・臭い原因と対策 TOP