TOPミネラルTOP>カルシウム

カルシウムはあなたもよくご存知のように、骨や歯を作る働きがあります。しかし、カルシウムの
働きはそ れだけではありません。様々な生理作用があり、とても重要な役割を果たしています。

直接頭皮や毛髪に影響はありませんが、カルシウムは主要ミネラル7つのうちの1つです。

◇カルシウムの1日の所要量

成人男性:600~700mg
成人女性:600mg
小児  :500~700mg
妊婦  :900mg
授乳婦 :1100mg
⇒牛乳1本(210g)には231mg含まれています。

◇カルシウムにはこんな働きがあります

○骨や歯の成分となります。
○神経の興奮を鎮め、精神を安定させる。
○血液を固めて出血を防ぐ。
○細胞の分裂を促す。
○白血球の食菌作用を助ける。
○体内の鉄の代謝を助ける。
○体液、血液を微アルカリ性に保つ。
○心臓の鼓動を保ち、筋肉の収縮をスムーズにする。

◇カルシウムが不足するとこうなります

●骨粗鬆症になったり、骨が折れやすくなります。
●心臓の動きが弱くなったり、不整脈になります。
●足がつったり、手足がしびれたり、けいれんしたりします。
●イライラして精神が不安定になります。
●骨からカルシウムが溶け出補給されますが、補給され過ぎるとカルシウム沈着による腎結石や
動脈の石灰化、それによる高血圧症などが起きます。

◇カルシウムを多く含む食品

牛乳やヨーグルトなどの乳製品、田作り、干しエビ、煮干しなどの魚介類、大根の葉、小松菜などの
野菜、がんもどき、木綿豆腐などの大豆製品、ひじ き、わかめ、昆布などの海藻類など。

◇カルシウムはこんな人にオススメです

発育期の子供、妊婦、イライラしやすい人、骨粗鬆症の患者、動脈硬化、高血圧を予防したい人、
歯が弱い人、足がつる人

頭皮のかゆみ・臭い原因と対策 TOP